給食と食育

「食」は、生きる力の源


幼児期の子ども達にとっての給食は、食の入り口です。

お友達といっぱい遊んだ後は、食欲もモリモリ。楽しい雰囲気で食べられる環境作りをし、一口でも嫌いなものに挑戦できるよう取り組んでいます。また、自分達が口にする食材には命がある事、そして、作って下さる人達にも感謝の気持ちが持てるように食育を行っています。

そんな思いから、2021年度、新園舎より給食室を作りました。当園の給食は、「お家のような温かみのある給食」をコンセプトに、給食の先生もママ達です。

自分達で育てた畑を眺めながら、明るくオープンなランチルームで食事をいただきます。

CONCEPT1

旬な食材を取り入れた、バラエティ豊かなメニュー

和食の日や子どもたちの好きなメニュー、その他にもチャレンジメニューなどなど、週4日の給食の中で、バランスを考えた献立作りを心がけています。

栄養士の先生を中心に、現場の先生達を交えて子どもたちの食べ具合や、様子を伝える時間を大切にしています。

CONCEPT2

安心・安全な給食を!!

出来るだけ、九州産の食材を使い、安心・安全な給食作りを目指しています。
また、アレルギーをお持ちのお子様も、メニューによっては対応が出来ない事もありますが、栄養士の先生と相談しながら、出来る限り個別対応できるよう努めています。

CONCEPT3

食事のマナーを身につけよう!!

食事のマナーを知り、正しいお箸の持ち方などを伝えています。そして、いろいろなお話を定期的に行い、私達が毎日口にするものには命がある事などすべてのものに感謝して食べる事を大切にしています。