園長より

ごあいさつ

心の豊かな子どもに育てましょう。

このページをご覧くださり、ありがとうございます。
西新カトリック幼稚園では、子どもたちが心豊かに育っていくことを念願し、教育させていただいています。実に子どもたちは、幼稚園という新しい環境の中で「人との出会い」、「自然との出会い」、「神様との出会い」をたくさんいたします。
人との出会いを通して心のつながりを強く感じ、お互いを尊敬し、理解したり助け合うことの大切さを学んでいきます。

中村彰神父

幼児期に大切な心を豊かに育む

そして、神様がくださった自然の中で、大事な幼児期に一緒に観ること、聴くこと、味わい、触れるなどの体験を積み、心が更に豊かに育ちます。 加えて、人や自然を通して神様の存在を感じることができるようになり、感謝やお願いが祈りとなって、神様とのつながりを築くことができます。

いつも見守ってくださるという安心感の中で、子どもたちは手を伸ばし、足を伸ばし、意思と知恵、感情を使い、自由な気持ちで「それぞれの出会い」を深めていくのです。教師は一人ひとりの子どもたちを導き、あるいは後押しをしながら、「心も体も大きく育っていきますように」と願いつつ、関わっていきます。

ご家庭のご理解とご協力を得ながら、心の豊かな子どもに育っていくように力を注いで参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

幼稚園教育の重要性

幼児期の教育では、広い意味で家庭と幼稚園が手を取り合って
一人ひとりの基本的な人格の形成を促すことが大切です。

幼稚園は家庭生活を基盤としながらも家庭で経験できない社会,文化、自然などに触れる環境を提供し、幼児の自立に向けた基盤を育成する場です。
幼稚園において幼児が遊びや保育の中で主体性を発揮し、同年齢,異年齢の友達と交わり、社会性、協調性、責任感を少しずつ学び、生きる喜び、思いやり、いたわり、感謝などーこれら貴重な体験が生きる力の基盤となるのでーを味わえるために必要な環境と適切な援助を幼児一人ひとりに充分に与えられるように配慮することが何より肝心です。

本園の教育のねらい

教育目標

  • 手を合わせる心の子(人)
  • 挨拶、返事が素直にできる子(人)
  • 自分のことは自分でできる子(人)
  • 何事にもくじけない、最後までやり遂げる心も体も強い子(人)
  • 思いやりのある温かい心の子(人)
  • 人の痛みのわかるやさしい子(人)
  • 誰とでも仲良くする子(人)
  • 善悪のけじめがはっきりわかる子(人)

宗教教育

道徳的・情操教育を保育の中に取り入れています。
また週に一度、聖堂(教会)で聖歌を歌い、お祈りをし、神父様のお話を聞き、道徳的宗教保育を行っています。

教育方針

  • 本園は教育基本法と学校教育法に従い、適切な環境を与えて、幼児を教育し、更にカトリック精神に基づき、宗教的情操を培い、その心身の発達を助長するようつとめる。
  • 本園は人間形成に大切な道徳教育に力を入れ、それぞれの幼児の個性に応じ、的確な教育によって家庭で得られぬ自主性、社会性、克己心、自己表現などのよい習慣をつけ、将来品位ある人間性を素直に発揮し、責任ある行動ができるように指導する。